『顧客第一主義』に徹し、物流に携わるものとして

『輸送の安全と信用を運ぶ』ことに全社を挙げて

とりくむものとします

 
 
当社は物流に携わる企業として、環境保護活動は企業の社会的責務としてとらえ、事業活動における環境負荷の削減図るため、「環境にやさしいトラックが安全と信用を運びます」をモットーに全社を挙げて環境保全に取り組むものとします。
 
 
1. 環境に関連する法律、規制を遵守します。
2. 輸送における「リッター当たり走行距離の向上」を図ります。
3. アイドリングストップ運動を徹底して推進します。
4. エコドライブの推進を積極的に図ります。
5. ディーゼル車排ガス削減に向けた具体的な取り組みを着実に推進します。
6. 法令を遵守した廃棄物の適正処理を行います。
 

100年に一度の世界同時不況による日本経済は急激な景気悪化に傾斜し、大企業による人員削減、解雇等、中小企業においては事業存続の岐路に直面している状況です。
トラック運送業界においては燃料価格の高騰が一段落したとたん、輸送需要量の大幅な減少に事業経営が極めて厳しい状況の中に移行して来ました。こうした厳しい経済状況ではありますが、業界の社会的地位向上を目指して行かなければ成りません。その為にも事故防止対策、環境対策、法令順守等継続して取り組み、事業を守り発展させて頂きたいと存じます。